頭皮も肌と同じように考えて

高温多湿の日本の夏はちょっと動いただけで汗が止まりません。体温調節のための汗なので、もちろん頭皮からも沢山の汗と一緒に皮脂や汚れが出ています。

汗が不快に感じる原因の1つが、頭皮にかいた汗は蒸発しますが、汗と一緒に運ばれた皮脂や汚れがベトつきやニオイに変わってしまうからです。

頭皮から分泌される皮脂(常在菌)は一定量は保湿成分として必要ですが、一定量以上になると不快になります。夏は汗を多くかく分、夜は毛穴のつまり予防や雑菌増殖予防としてぬるま湯の湯船に浸かり毛穴を開き、シャンプーをしっかりした後はドライヤーで頭皮を温風で乾かしたら冷風で冷やして仕上げてあげたり、汗を吸い取って雑菌などがさらに増殖した枕カバーは毎日取り替えるなどの対策をしてあげましょう。朝はぬるま湯で流すなどすると必要な常在菌を残して余分な皮脂や汚れを流せて良いと思います。

頭皮も紫外線対策

肌が紫外線でダメージがあるように、頭皮にとってもダメージになります。秋は抜け毛の季節と言われますが、この夏にどれだけケアをしてあげていたかで随分抜け毛も少なくなるはずです。また、汗をかくこの時期は髪の毛で特に濡れる頭皮の汗をそのままにしておくと、汗は空気中の汚れや雑菌と混じり頭皮に付着し痒みやニオイの原因になります。

紫外線対策としては、通気性の良い帽子をかぶったり、こまめに汗を拭ってあげることです。ヘルメットをかぶるお仕事の方はヘルメットと頭皮の間にタオルやガーゼを一枚当てがうだけでも随分変わると思います。

◾️まとめ

・汗をこまめに拭う

・通気性の良い帽子をかぶる

・ドライヤーをサボらない

・枕カバーは毎日取り替える

他にもバランスの取れた食事や冷房で身体を冷やし過ぎないなども気をつけてくださいね。平成最後の夏を素敵にお過ごしください♪