あなたのやっている湯シャンは正解⁉︎

当サロンのお客様には、施術をした日は「湯シャン」にしていただいています。最初に「湯シャン」についてお話しするのですが、いつの間にか説明した湯シャンではなくなっていることが多いので、ここで改めて私のコラムをお読みくださっているあなたにもお話しさせてください。

湯シャンがお願いしている湯シャンは、
①優しくマッサージするように根元からブラッシング。
②38〜あま39度のお風呂に10分くらい入浴して毛穴を奥まで開く。
③シャワーでマッサージするように時間をかけて流す。
④ドライヤーで地肌をしっかり乾かす。
⑤サロンでご案内している育毛剤を塗布。

上記が「湯いシャン」です。それが、いつの間にかお風の音呂抜きでシャワーで流すだけになっている場合が多いです。
毎日忙しく、面倒になりがちの入浴ですが、とても育毛には大切な働きをしてくれます。

お風呂に入ることで、血流促進が期待できます。また代謝もアップします。身体が解れリラックス効果もあり血液の巡りも改善します。髪の毛を育てるために1番重要なことは如何に血液を毛母細胞に届けるかです。毛細血管を沢山増やして毛母細胞を活性化させるには、お風呂も大切で必要なことです。

特にこれから寒くなってきて、身体の細胞は硬くなり強張りますね。そうすと、肩凝りになったり、関節が硬くなったりして血流が悪くなり血液が頭皮に運ばれ難くなります。

しかし、エアコンが普及している現代は、季節に関係なく入浴で1日の疲れ和らげ、身体から頭皮までの毛穴の詰まり改善に、ゆっくり入浴を楽しんでいただきたいです。

どーしても、面倒くさい!と言う方は、お風呂半分、足湯半分でも良いかも知れません。バケツに熱めのお湯を用意して、脚を温めてからシャワーにするもよし、シャワーを浴びながら足湯をするもよし、お風呂に入れないときの応急処置として足湯はお勧めです。

身体が十分に温まったら、お風呂を出るときに冷たいお水を足元に掛けてから出るとポカポカが長持ちしますよ。ぜひ、試してみてください。

入浴後のお水摂取も忘れないでくださいね。入浴後は老廃物が流れやすく、お水をたくさん摂取するこで血流もよくなり血液に酸素がたくさん送られます。育毛には、栄養豊富な血液がとにかく大切であることを意識するだけでも生活習慣に変化があるかも知れません。
まずは入浴から始めてみてくださいね。