皮脂腺に含まれる5αリラクターゼ

当サロンでも、20代30代男性の方のお悩みが一番多いように感じています。

当サロンに通って下さっている20代30代男性のお客様の薄毛の状態は比較的見た目に分からない方が多く、ご自分で前に比べると薄くなったと感じていたり、実際に抜け毛が多かったり、専用カメラで頭皮をみると一つの毛穴からの髪の毛本数が少なかったり、毛の太さにばらつきがあったり、毛が細くなってきていたりします。

まだ周りの人に気が付かれていない状態のうちに治そう!と決めて当サロンにきてくださっています。

20代30代男性の薄毛の状態はまだ周りに分からないが自分では分かっている状態の方が多いです。では、なぜ20代30代男性の方にこのような状態で悩まされてしまうのでしょうか。

それは、ほとんどの男性が男性ホルモンの影響を受けて抜け毛が始まるからです。男性ホルモンは血管を通って頭皮にまで到達すると毛穴一つ一つにある皮脂腺から分泌されている酵素の一種で5αリラクターゼと結合することで悪玉男性ホルモン(ジヒドロテストロン)に変化します。

男性ホルモンが活発に分泌されるのが20代30代からが多いと言うことと、ちょうど年齢的に脂肪分の多い食事を好んだり、ジャンクフードで簡単に食事を済ませたり、お酒を多く飲んだり、無理がきく年齢なので睡眠が少なかったり。こう言うことが重なると薄毛スイッチが入りやすくなります。

20代30代男性が薄毛になりやすくなる原因は何となく分かっていただけたでしょうか。すぐにご自分で改善できることは今日から始めてみてくださいね。

○生活習慣の見直し

・睡眠は7〜8時間とる

・ぬるめのお風呂に15分以上浸かる

・シャンプーは植物性の良質なものを

・すすぎは洗いの2倍する

・ドライヤーで頭皮をしっかり乾かす

・ストレッチをする

○食事の改善

・季節の野菜を摂る

・納豆は1日1パック

・黒酢は毎日大さじ一杯

・乳酸菌を摂る

・甘いものは70%以上のチョコレート

お薬だけで効果を感じていらっしゃる方も体質改善や頭皮環境の改善をしなければ、お薬はやめられません。やめたらすぐに元の薄毛の状態に戻ってしまいます。

先ずはご自分で出来ることから始めてくださいね。